チェンバー                     クワイヤー                  クリニックス            

   Chamber Choir Clinics 仙台

《指揮者紹介》



常任指揮者 三野宮まさみ


 
仙台市出身。常盤木学園高等学校音楽科を経て、東京音楽大学声楽科卒業。中沢 桂に師事。


1994年よりイタリアに留学。カルロ・ベルゴンツィ主催「ヴェルデイの声アカデミー」、ミラノ音楽院にてディプロマを取得。1995年フィデンツァ・マニアーニ歌劇場での財団主催オペラガラコンサートでプッチーニ作曲「蝶々夫人」を歌いイタリアデビューを果たす。その後、ミラノ、パルマ、モデナ、フィデンツァ、ローマなどイタリア各地でオペラ、コンサートに出演。1996年よりドイツ・ベルリンに渡り、ドイツ、オーストリア、スイス、ハンガリーでコンサートに出演。2000年には奨学生として再度イタリアに渡り、ローマ芸術院オペラ科に在籍。ディプロマを取得した。また、宮城県芸術協会員として、中国、韓国での演奏旅行に同行した。


リサイタルやジョイントコンサートの他、ベートーベン「第九」、フォーレ「レクイエム」ソプラノソロ、現代音楽など様々なコンサートに出演している。オペラに於いては「蝶々夫人」蝶々夫人、ケート、「ラ・ボエーム」ミミ、「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ、「トスカ」トスタ、「カルメン」フラスキータ、「イル・トロヴァトーレ」レオノーラ、「運命の力」レオノーラ、「フィガロの結婚」伯爵夫人、「魔笛」ダーメ、「道化師」ネッダ、「花言葉」ロシータ、「あまんじゃくとうりこ姫」うりこ姫、「山姥譚」山姥、「鳴砂」など多数のオペラに出演した。これまでに、故アリゴ・ポーラ、故カルロ・ベルゴンツィ、アントニエッタ・ステッラ、カルラ・ヴァンニーニ、エリオ・スカラベッラに師事。

マスタークラスにてラルフ・デーリング、レジーヌ・クレスパンに師事。

第5回大曲新人音楽祭グランプリ受賞。

宮城県芸術協会会員。仙台日伊協会理事。





《歴代指揮者紹介》


                      2006年〜2013年5月    常任指揮者  早川幹雄


                      2013年〜2017年5月    顧問指揮者  高橋正典

                                         正指揮者  鈴木優子

             

                      2017年9月〜         常任指揮者  三野宮まさみ